体内酵素 増やす どうしたら良い

体内酵素を増やすには

酵素を浪費するとされる揚げ物

生成される量が決まっている体内酵素を有効に使うためにはまず酵素の浪費を防ぐことが大切です。

 

体内酵素の浪費を防ぐためには動物性タンパク質の摂取を控える必要があります。

 

 

 

特に揚げ物など脂分の多い食事はタンパク質を分解するためのプロテアーゼという酵素と脂質を分解するためのリパーゼという酵素を大量に消費してしまいますので、出来るだけ避けたい食べ物になります。

 

 

 

またアルコールも体内で分解するために大量の酵素を消費してしまいますので飲み過ぎには注意する必要があります。

 

お酒を飲みながらおつまみにから揚げを食べるというのは最も体内酵素を浪費する食事になりますので注意してください。

 

 

 

また女性が大好きなケーキやドーナツ、チョコレートなど甘いものの食べ過ぎも消化酵素の浪費に繋がります。

 

さらに食品添加物などは分解されず腸に老廃物や有害物質として残りやすくなって、代謝酵素の浪費に繋がりますので気を付けなければなりません。

 

腸の運動を活性化させるためにもヨーグルトや食物繊維の豊富な食材をたくさん摂るようにいたしましょう。

 

ヨーグルトは腸内環境を整える働きのある乳酸菌も豊富に含まれていますので特にお勧めの食材になります。

酵素を増やすと言われる野菜

 

 

食物酵素を多く含む生野菜や果物を毎回の食事に取入れるようにいたしましょう。生野菜を最初に食べると血糖値の急激な上昇を抑えることも出来ます。

 

酵素は熱に弱い性質を持ちますので出来るだけ生で食べられる野菜を多く摂るように心がけてください。