酵素ドリンク 作り方

酵素ドリンクの作り方

ミキサーと酵素の素材

この項では酵素ドリンクの作り方をご紹介します。

まずは使用する材料を選びます。

 

市販の酵素ドリンクでは原材料を何十種類と使用しているものがありますが、家庭で作る場合は一種類か多くても三種類ほどにしておくと失敗がありません。
フルーツを多く使うと飲みやすくなります。
もちろん無農薬のものを使用します。

 

 

 

次に口が大きめの容器を用意します。
慣れるまでは発酵の具合が分かりやすい透明の容器を使うと良いでしょう。材料は皮が付いたままスライスします。

 

細かく切るほど発酵が進みやすくなりますので2センチほどに切ってください。
砂糖は白砂糖でもグラニュー糖、黒砂糖でも構いません。
材料が1に対して砂糖を1.1用意します。そして細かく切った材料と砂糖を交互に入れていきます。一番上に砂糖が来るように重ねてください。

 

 

 

容器を置く場所は直射日光が当たらないところにします。
気温が低いと発酵が進みにくいので冬場は暖房のある部屋に置くと良いでしょう。

 

そして毎日2回は手で中身をよくかき混ぜてください。手は必ずきれいに洗って水気を完全に拭き取ってから混ぜるようにいたしましょう。
発酵が進んでくると泡が目立つようになります。

 

かき混ぜた時に全体が泡立つようになったら出来上がりです。発酵の完成は材料によって異なりますが大体夏場なら1週間、冬場で2週間くらいが目安になります。
最後にキッチンペーパーで漉して出来上がりです。この時材料は決して絞らないでください。時間をかけてゆっくり漉すようにいたしましょう。完成した酵素原液は冷蔵庫で保管するようにしてください。酵素は生きていますのでこの時も密封せず空気が入るようにゆるめにしておいてください。